留学生活の実態
みんなが憧れを抱くカリフォルニア留学☆そこでの実際の生活、留学生の実態
あなたは 人目のお客様です☆                   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
オリンピックの影響
「日本メダルおめでとう!!」「MAOの演技すごく良かったよ!!」「あのミスがなければきっと金メダルだったよー」
今日学校で色んな人から声をかけられました。
結構みんな見てるもんですねぇ~。

こっちではフィギュアの放送が深夜だったので、かなりお疲れだったものの頑張って遅くまで起きて見ていました。
中継じゃなかったので結果はもうインターネットで分かっていましたが、やっぱり実際に見ると感動しますね!!
俺もすごく応援してただけにみんながそうやって日本人の選手を賞賛してくれたことがなんだかすごく嬉しかったです☆
それと同時に一人一人の選手の抱えている重圧みたいなものはとてつもないんだろうなと思いました。
たった一人の選手の印象がその国の印象をあっという間に変えてしまうんですからね。
そんなオリンピックを見ていて、改めてオリンピックに同行し選手のバックアップをしたいという気持ちが強くなりました。
ロンドン五輪絶対に行って見せますよー!!

話はちょっと変わりますが、バンクーバーオリンピックが始まるちょっと前にTVをつけていたらたまたまフィギュアスケートがやってたんですよ。
見てたら日本人の選手が出てたんで何の大会だろうと思ってたら全米フィギュアスケート選手権だったんです。
そこで2位になったのが今回のオリンピックで日本でも一躍有名になった長洲未来だったわけです。

その大会を見た後、長洲未来って子はどんな選手なんだろうって調べてみたら意外とご近所の出身なんですよね。
彼女の通っているArcadia High Schoolってよく一緒にテニスをする友達の家のすぐそばなので何度も学校のわき道を通ってます。
結局雨だったのでやりませんでしたが、先週はそこのコートでテニスをする予定でしたw

さらに学校の友達に長洲未来本人を知っている人がいました!!
なんでも彼女のご両親がお寿司屋さんをやっているそうで、そこに何度か食べに行った時にいつも奥のテーブルで長洲未来がお絵かきをしてるのを見ていたそうです。
その時はスケートをやっているなんて知らなかったけど、昨日テレビで見てびっくりしたと言ってました。

いやぁ~世界って狭いもんですねw

今はきっと大変なことになっているだろうからしばらくして落ち着いたら俺も食べに行ってみようかな、なんて思ってます♪

P.S.真央ちゃんおめでとう!! アメリカ人の間でも大人気です!!
   
スポンサーサイト

[テーマ:バンクーバー冬季オリンピック | ジャンル:スポーツ]

【2010/02/26 19:39】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2) |
先生
昨日は久しぶりに解剖実習のお手伝いをしました。
日本での人体解剖は医学部か歯学部ぐらいしか認められていないので、海外に行って解剖実習をする学校って結構あるんですよね。
うちの学校にもちょこちょこ日本からの学生さんたちが解剖実習にやってきます。

今回来たのは新潟にあるアップルスポーツカレッジというところの学生さん達でした。
みなさんすごく興味津々で、目を輝かせて実習を行ってました
俺は手伝いと言っても解剖学は日本語では勉強していないので、簡単な通訳と解剖のやり方を教えた程度です。
しばらく解剖の現場を離れていたので、むしろこっちが勉強させてもらったって感じですね。

解剖実習は午後からだったので、午前中はいつも通りクリニックで患者さんを診ていました。
最初に生徒さん達に挨拶をした時にクリニックの白衣のままだったからですかねぇ。
みんなが俺のこと先生って呼ぶんですよね。
「先生、ここはどうしたらいいですか?」「先生、これはなんですか?」
普段呼ばれなれていないので、正直ちょっと恥ずかしかったですw

でもあと数ヶ月もしたら俺も本当に先生になるんですよね。
みんなからDr.○○とか○○先生とか呼ばれるようになるんですもんね。
もうすぐ人から学ぶ立場ではなく、人に教えたりする方の立場になるのだなと思うと少し複雑な気分です。
まだまだ勉強不足です。。。

余談ですが、アメリカではDr.と名乗ることに関してちょっとした厳しい決まりがあります。
当たり前といえば当たり前なんですが、ドクターを名乗るためにはちゃんとDr.コースを卒業していなければいけません。
インターン中に自分の白衣にDr.○○と名前を入れて着ていた人が停学になったという話も聞いたことがありますし、まだライセンスを取得していないのにDr.○○という名刺を作って配っていた人がライセンスの取得資格が延期になったという話もあります。
実はメールアドレスもダメなんですよ。
この間傍聴に行った裁判で、免停中の医師が以前使っていたdr○○@xxx.comというアドレスをそのまま使い続けていて問題になったというケースがありました。
使わなければ問題はないですし、クリニックの先生が他の人に取られる前にdrの入った分かりやすいアドレスを作っておいた方が良いと言っていたので実は俺もdr入りのアドレスはすでに持っています。
日本では分かりませんが、アメリカでは結構そういうことに厳しいので気軽に作ったメアドなんかでも気をつけてくださいね。
   

[テーマ:医療系学生の学生生活 | ジャンル:学校・教育]

【2010/02/20 20:05】 | 学校ネタ | トラックバック(0) | コメント(3) |
スロースターター
もう卒業間近ですが、最近になってようやく波に乗ってきたという感じです
自分の患者さんの数もぐんと増え、毎日忙しくさせて頂いております。
卒業してからもクリニックのRequirementが終わるまで数週間は残らなければならないと思っていましたが、このままの調子でいけば卒業前にすべて終わらせられる可能性も出てきました。
以前に比べて全体のスピードもアップし、良い意味で診察や治療にかかる時間も減ったのでより多くの患者さんを診れるようになりました。
あとはこのまま突っ走るだけです!!

最近患者さんの名前でスケジュール帳がいっぱいになるのがちょっと嬉しいです☆
  

[テーマ:医療系学生の学生生活 | ジャンル:学校・教育]

【2010/02/16 22:11】 | 学校ネタ | トラックバック(0) | コメント(0) |
もう1つのバレンタインデー
俺にとってバレンタインデーは別の意味でも特別な日です。
実は今日は母の命日なんですよね。

昔看護師をやっていたせいか、母にはもの心ついた頃から医療への道をすすめられてきました。
「人を助ける仕事をして欲しい。あなたは優しいからきっと良い看護師さんやお医者さんになれる。」
思い返せばいつもそんなことを言われていた気がします。

母の病気が発覚したのは俺がまだ小学校の低学年の時だったと思います。
入退院を繰り返してましたが、入院中でも母は辛いところを滅多に見せようとしませんでしたし、家に帰ってくれば家事や子育てをしっかりこなしていたので、まだ幼かった自分には事の重大さがいまいち理解できていませんでした。

俺が小学校の高学年になる頃には再発した病気と闘いながらも元気な時は訪問看護師としてお年寄りのお世話に出かけて行ってました。
母は自分を犠牲にしてでも人のために生きるタイプの人でした。
すごく強い人だったと思います。
そんな母の背中を見ながら育って、自分もいつかは医者になってみんなを助けるんだ、漠然とですがそんな思いを心のどこかに抱いていました。

中学校1年生のバレンタインデー
その頃には母の病気は末期の状態で、痛みを抑えるため強い薬を投与され、あとは衰弱していくのみでいつ亡くなってもおかしくない状態でした。
父や病院の先生からは覚悟をするように言われていましたが、授業中に突然先生から呼び出されたときはどうしようもない衝動に胸を駆られたのを今でもしっかり覚えています。
病院に向かう車の中で何を考えていたのかは全く覚えていません。
病院に着いたときにはもうすでに母は息を引き取っていました。

不思議なことにその時はあまり悲しみは感じませんでした。
現実を受け入れたくなかったというのもあるのかもしれませんが、それ以上に悔しさの方が強かったからだと思います。
母が最初に入院した時、「お母さんは俺が守るんだ」、子供ながらにそう誓ったのを覚えています。
でも実際は自分には何もできませんでしたし、ただ弱っていくのを見守ることしかできなかった自分にどうしようもない悔しさを感じました。

改めて医者になろうと思ったのはその時ですかね。

でも人の気持ちは変わるものです。
そんな強い想いも時間が経つにつれて薄れ、高校を卒業することには医者なんてものは自分の将来の目標に一切入っていませんでした。

それがどういうわけか巡り巡って俺は今アメリカで改めて医者という目標に向かって歩んでいます。
母の病気を治すことのできる医者ではありませんが、違う形で人を助けるドクターとしての道を進もうと決めました。
卒業も間近に迫り、今まで果たせなかった親孝行がようやく1つ叶えられそうです。

とは言ってもまだまだこれからですけどね。
まだ卒業後の働き口も見つかっていませんし、自分の目指す医療ができるようになるまでどれだけの時間がかかるかは分かりません。
海外ボランティアも行ってみたいと思っています。
これも子供の頃によく母から言われていたんですよね。
その頃は何とも思っていなかったんですが、今になって行きたいと思うのも不思議なものですね。

母が亡くなってもう13年になりますが、今でも母親として俺の背中を後押ししてくれている気がします。
余談ですがうちの姉も看護師をやっていますし、弟も大学院で薬学を学んでいます。
早いうちに親を亡くしても、母の教育はしっかり子供に伝わっていたんだろうなと思います。

お母さん、俺の母親でいてくれてありがとう。
そしてお父さん、男手ひとつでここまで育ててきてくれて本当に感謝しています。

以上バレンタインデーの愛の告白でした
   

[テーマ:なんとなく書きたいこと。。 | ジャンル:日記]

【2010/02/14 22:43】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0) |
バレンタインデー
みなさん、バレンタインはどのように過ごしましたか?

俺は特に予定もなかったのでぶらっと家の近くのモールに行ってきました。
いつも賑やかなモールですが、今日は特に活気がすごかったです!!

アメリカでもやっぱりバレンタインはビッグイベントです
ただ日本と違ってアメリカのバレンタインでは男女関係なく日頃から大事に思っている人たちに対して感謝の意を込めて愛を伝えます
恋人や夫婦であればどちらかと言えば男性から女性へという方が強い気がしますし、家族や友達へ送るカードなんかもたくさん売られています。

俺もお菓子作りとか好きなんで毎年何かしら作って友達なんかに配ったりしているんですけど、今年はまだ何も作ってないですね。
今年はPresident's Dayで明日も学校がお休みなんで、やることがなかったら何か作って学校のみんなに配ろうかなぁなんて思っています
   

[テーマ:バレンタイン | ジャンル:恋愛]

【2010/02/14 20:12】 | イベント | トラックバック(0) | コメント(0) |
鎖骨美人は不健康?
昔は 健康=美 という意識がありましたが、今の美は必ずしも健康に繋がるわけではありませんよね。
むしろ美のために体に負担をかける、それが現代の流れなのかもしれませんね。

ハイヒールなんかは一番良い例ですよね。
女の人にとっては欠かせない美のアイテムですけど、体にかかる負担は結構なものですよ。

余談ですが、不況の時はハイヒールが売れるそうです。
なんでもお金に余裕のない時は洋服やアクセサリー、バッグなんかにはあまりお金をかけられませんが、比較的安く買えて手っ取り早く足のラインを綺麗に見せることのできるハイヒールがよく売れるそうです。

さて、昔からよく言われる『鎖骨美人』
鎖骨のラインが綺麗に浮き出てるのが美人の象徴であり、女の子の憧れですよね。
でも医学的な面から言うと、鎖骨が出てることって実はすごく不健康なことなんです。

・首や肩がこりやすい
・疲れやすい
・頭痛持ち
・目が疲れやすい
・手がしびれたりする

鎖骨の出ている人がいたらこんな症状がないか聞いてみてください。

そもそもどうして鎖骨がでるのか。
簡単に言うと、鎖骨にくっついている首の筋肉によって引っ張られるからです。
試しに鎖骨を触りながら首に力を入れたり首を色々な方向に動かしたりしてみてください。
鎖骨が動くのを感じることができると思います。

鎖骨が出ている人、それは慢性的に首の筋肉が張っている人なんです。
これは頭が前に傾いている人
間違った呼吸法をしている人
もしくは間違った筋トレをしている人
なんかに特に多いですね。
痩せていたって鎖骨が出ていない人はいますからね。

まず間違った筋トレをしている人ですが、腹筋やベンチプレスなどをやっていているのを見ていいるとやたら首に力が入っている人っていませんか?
それは要するに間違った部分に筋肉をつけてしまっているわけです。
筋トレをしていてやたら首が痛くなるような人は自分のフォームを見直してみてください。

次に鎖骨の出ている人の呼吸の仕方をよく見てみてください。
肩が上がっていませんか?
俗に言う肩呼吸と呼ばれるものです。
正しい呼吸とはいわゆる腹式呼吸と呼ばれ、横隔膜で行われるものであって肩は動くことなくろっ骨が左右対称に広がります。
肩呼吸は首の筋肉を使って行われるため首にすごく負担がかかるわけです。

ちなみに皆さんよく肩がこると言いますが、皆さんが肩と呼んでいる部分は解剖学的に言うと首に当たるわけです。
それはアメリカでも同じで、shoulder pain(肩の痛み)と言ってくる人の大部分はneck pain(首の痛み)なんですよね。

最後の頭の話ですが、頭の重さってどれくらいだか分かります?
成人で大体4~5Kgあると言われます。
これは首にボーリングの玉を乗っけているようなものなんです。
それだけでもすごい負担が首にかかっているってのは分かると思います。

さて、首をまっすぐにした状態からこの重たい頭を5cmだけ前に出してみるとどうなるでしょう?
たった5cm前に出しただけで頭を支えるために首にかかる負担が13~27Kgも多くなります。
毎日そんな余計な負担を背負うために首の筋肉はガチガチにこり固まってしまうわけです。

さらに言えば頭を前に突き出すと呼吸が浅くなります。
首をまっすぐにした状態で両腕を地面と水平に上がるところまで上げてみてください。
そして今度は首を前に突き出した状態で同じことをしてみてください。
首を前に出すと全然上まで上がらないのが分かると思います。

では呼吸ではどうでしょう?
同じように首をまっすぐにした状態と前に突き出した状態で息を吸えるところまで吸ってみるとその差は歴然です。
ラジオ体操の深呼吸でも腕を大きく上げますよね。
あれはろっ骨を広げてより多くの空気を吸い込むためなんです。
首の位置というのは肩や腕の動きだけでなくろっ骨の動きも制限してしまうんですね。

呼吸が浅くなるということは酸素を取り込む量が少なくなるわけですから当然疲れやすくなります。
人は生まれてから死ぬまで休むことなく呼吸し続けるわけですから間違った呼吸法は寿命にも悪影響を与えます。
美人薄命なんて言いますが、以上のことを踏まえると鎖骨美人は早死にする可能性は十分あるのかもしれませんね。

今日はちょっとドクターらしいこと書いてみましたw
   

[テーマ:健康、美容、ダイエット | ジャンル:ヘルス・ダイエット]

【2010/02/08 21:45】 | カイロプラクティック | トラックバック(0) | コメント(0) |
アメリカでの常識 その3
『アメリカのガム事情』

それが今回のトピックですw

アメリカでは多い、こういうタイプのガム
ガム
俺はあんまり好きじゃないんですよね。
というのは包み紙がないじゃないですか。

日本でもこういうタイプのガムやちっちゃなボトルに入ってるタイプのガムはありますよね。
でも日本のってご丁寧にガムを捨てる時のための紙が付いてたりしますよね。

アメリカではそんな手の込んだことはしません。
だってアメリカ人は包み紙使わないんですから!!

学校の友達とご飯を食べに行って、食べ終わった後に必ず起こること
それは「ガムいる?」「誰かガム持ってない?」
そしてガムを持っている人がみんなに配る、そんな一連のやり取りです。

俺は昔からガムを常に持ち歩く習慣があるので、みんなにあげることも多いです。
それで気づいたのが、こっちの人ってガムをもらってすぐに包み紙を捨てるんですよ。
出す時のためにとわざわざ包み紙をポケットにしまっておくのなんて俺ぐらいなもんです。

じゃあ出す時はどうするのかって?
ゴミ箱にそのままプッと吐き出すか、その辺にある紙なんかをちぎって捨ててますね。
まぁアメリカではどこにでもゴミ箱が置いてありますからね。
日本みたいに捨てるところに困ってとりあえずポケットやかばんの中に入れておくなんてことは滅多にないですから。

なので真のアメリカ人を目指すなら『ガムの包み紙は捨てろ』です 笑


そしてガムに関してもう1つ

日本ではガムを噛んでいることが失礼に当たる場面って結構ありますよね。
例えばガムを噛みながら仕事をしてたり、目上の人と話をしている際にガムを噛みながら話を聞いてたらすごくイメージが悪いですよね。

アメリカ人は全く気にしないとまでは言いませんがガムに関しては日本に比べてはるかに寛容な気がします。
ガムを噛みながら接客をしている人なんてしょっちゅう見かけますし、先生が生徒からガムをもらって噛みながら授業してたりするんですよ!!
うちのクリニックでもガムを噛みながら患者さんを診ていても何も言われませんし、クリニシャンだってガムを噛みながら仕事をしてたりします。

アメリカではむしろ口臭の方が失礼にあたるんでしょうね。
クリニックに入る前にはタバコや食べ物による口臭に気を使うように言われましたし、教壇に立つ先生達は授業の前はにんにくやたまねぎの入った料理は極力控えると話していました。

アメリカではガムを持ち歩くようにしているとみんなでご飯に行った時なんかに喜ばれるかもしれませんよ☆

アメリカ人になるためにシリーズ

その1 『服は肩にかけろ!!』
その2 『アメリカ人の金銭感覚』補足 『借金大国アメリカ』
 

[テーマ:アメリカ生活 | ジャンル:海外情報]

【2010/02/06 10:31】 | アメリカでの常識 | トラックバック(0) | コメント(2) |
借金大国アメリカ
*前回の記事のちょっとした補足です。

日本では借金=ダメな人間
みたいなイメージがあるかもしれませんが、実はアメリカでは借金してナンボなんです。
借金をしてこそ信用を得られる、それがアメリカなんですよね。

アメリカにはクレジットヒストリーと呼ばれるものがあります。
いわゆるローンの返済歴なんですが、例えばクレジットカードを使って期限内にちゃんと返済することでそのポイントが貯まっていきます。
ガスや電気、水などの公共料金の支払いもその対象となります。

そして良いクレジットヒストリーを構築していくことでアメリカではその人の社会的信用が上がっていくわけです。
逆に言えば、いくらお金をたくさん持っていたとしてもいつも現金で支払っていてはいつまでたってもクレジットヒストリーは構築されず、家などを買う際に信用がなくてローンが組めなかったりします。
車のリースなどをする際もクレジットの有無で前金や月々の支払額が大き変わったりします。
なので現金で払う余裕があってもわざとクレジットカードで支払ったり、ローンを組んだりしてヒストリーを積み上げていくわけです。

学生ローン→クレジットカード→車のローン→住宅ローン
一般的にアメリカではこんな流れで社会的信用を積み上げていくわけですね。

留学生はアメリカに来た時点でクレジットヒストリーはゼロなわけですからまずお金を借りたりはできないわけです。
そもそもクレジットヒストリーがなければ普通のクレジットカードすら作れませんからね。
とは言えアメリカで長く暮らす上ではクレジットヒストリーというものはかなり重要になってきますから長く住むのであればなるべく早い段階でクレジットを貯め始めることが大事になってきます。
そういった意味で留学生はすごく不利ではあるのですが、俺がやったようにできないこともありません。
その説明はちょっと長くなるんで、また時間のある時にお話しますね☆

   

[テーマ:アメリカ生活 | ジャンル:海外情報]

【2010/02/04 00:10】 | 生活情報 | トラックバック(0) | コメント(2) |
アメリカでの常識その2 ~アメリカ人の金銭感覚~
卒業が近くなってくると何かと話題に出てくるのがFinancial Aid、要するに学生ローンのことです。
うちの学校はプライベートスクールですし、学費もかなりのものになるので90%ぐらいの生徒はなんらかの学生ローンを組んでいます。

「おまえローンいくら組んでる?」
最近そんな話をちょこちょこ聞きます。

数人の話を聞いていたところ、授業料と生活費で日本円にすると大体平均1,600万~1,700万円ぐらいのようです。
授業料は卒業までで約1,000万円ぐらいで、月12~13万円の生活費が約4年分と考えるとそれくらいになりますかね。

カイロプラクティックの学校に来る前にデンタルスクールに通ってて途中で辞めて来たって友達がいるんですけど、その人は約2,600万円のローンがあるって言ってましたね。
卒業したら毎月20万円の返済が10年以上続くって嘆いてましたよ。。。

でもそんなやつがどうしてレクサスに乗ってるんだ!!

最初にも書いたようにほとんどの人が学生ローンを組んでいて、大体みんな同じような額の借金をしているわけです。
でも学校のパーキングではベンツ、BMW、アウディ、レクサス、ワーゲンなんかのオンパレードです。
うちの学生用のパーキングに止まってる車の半数近くがいわゆる高級車ですからね。。。
多額の借金があるのに高級車を乗り回す。。。それがアメリカ人の金銭感覚なんですかね

ちなみに留学生は基本的にアメリカでは学生ローンが組めません。
自分の場合は親は普通のサラリーマンでしたし、すでに定年退職も迎えているので、決してお金に余裕のある家ではないため祖母の援助も受けて結構ギリギリのところでやっています ><
身内とは言え、1,000万円以上の借金があるのは他の人と同じなんで卒業したらしっかり働いて返します!!

その1 『服は肩にかけろ!!』
   



[テーマ:医療系学生の学生生活 | ジャンル:学校・教育]

【2010/02/03 21:53】 | アメリカでの常識 | トラックバック(0) | コメント(2) |
アメリカ人になるために ~意外と知らないアメリカでの常識その1~
中学校の卒業文集の『将来の夢』の欄に「外国人になりたいです」と書いていた女の子がいました。
どういう意図でその子がそんなことを書いたのかは分かりませんが、何故か今でもそれが印象に残っています。

外国で市民権を取得するという意味では十分可能なことですよね。

でも別の国の文化や習慣に完全に馴染むということは本当に大変なことだと思います。
俺ももう7年近くアメリカで暮らしていますが、未だにぎこちなく思うことは多々あります。

些細な習慣ほどある程度そこで暮らしてみないと気づかなかったりしますからね。

そんなわけで本当に小さなことですけど、実際に暮らしてみないと気づかないようなあるある的な習慣なんかをちょっとずつ紹介していこうかなと思います☆

アメリカで暮らしたいなと思ってる人は是非実践してみてくださいw

ではまず第1弾!!

『服は肩にかけろ!!』
みなさんは服屋さんで買い物をする時、気に入った服があったら購入するまでの間どうします?
大抵の人は手に持つか、腕にかけて持ち歩きますよね。
アメリカでも女の人はそうしますけど、男は違います!!
肩にかけるんです!!

アメリカで服屋さんに行くとズボンや洋服を肩から下げて堂々と歩いている男性をよく見かけます。
日本から遊びに来た子がそれを見てクスクス笑ってました。
日本人からしたらちょっと滑稽に映るかもしれませんね。
でもそれがアメリカ式のカッコイイ買い物の仕方なんです!!
腕にかけるのは女の子っぽいって思われるのかもしれませんね。
なので男性諸君、アメリカでは服は手にしっかり握るか肩にかけて買い物をしましょうw

とまぁくだらない第1弾でした
   

[テーマ:アメリカ生活 | ジャンル:海外情報]

【2010/02/02 21:06】 | アメリカでの常識 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| HOME |
プロフィール

しんご

Author:しんご
2002年に渡米し、コロラド→フロリダ→L.A.(カリフォルニア)とアメリカ国内を転々としながらも約9年間の留学生活を終え、2011年に日本へ帰国。

アメリカのDr.ライセンス(D.C.)を保有し、日本でもカイロプラクター及びグラストンテクニックのインストラクターとして飛び回っています。

横浜と東京を中心にカイロプラクティックの施術を行っています。
身体のことでお悩みの方は下のメールフォームから気軽にご連絡下さい。

美容天気にてコラムを連載中★

現在オーストラリア移住に向けて準備を進めています!

というわけで、アメリカでの留学生活は終わりましたが、引き続き『留学生活の実態』としてブログを続けていこうと思います。

気軽にコメント残していってください☆
留学相談や英語の勉強の相談なんかも大歓迎です!!

メール

メールはこちらから

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

掲示板

留学生活掲示板

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

みなさんのブログ

このブログをリンクに追加する

留学関連サイト

・成功する海外留学【e留学】
・e-留学ガイド
・オーストラリア DE ワーキングホリデー
・ワーキングホリデーでオーストラリア体験・旅行記
・英会話・英語学習ならエイゴッド.com

格安航空券&海外旅行

日本からの格安航空券やパッケージ旅行をお探しの方はこちらからどうぞ☆

・海外格安航空券「イーツアー」
・24時間オンライン予約「グローバルトラベルオンライン」
・海外航空券は「空丸」
・「タイリクトラベル」の格安航空券
・旅行に行くなら「JTB」
・夢とロマンと感動の旅「ジャパンネットワークツアー」
・海外レンタカーの「ダラーレンタカー」

参加ランキング

フリーエリア

Twitterボタン
 

最近のトラックバック

RSSフィード

12345678910 1112131415161718192021 22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。