留学生活の実態
みんなが憧れを抱くカリフォルニア留学☆そこでの実際の生活、留学生の実態
あなたは 人目のお客様です☆                   
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 |
$5で500分!!
技術の進歩とは目覚しいもので、今やインターネットを通して世界中の人とチャットや会話を楽しむことができます。
アメリカと日本という離れた場所でもビデオチャットを使えばお互いの表情を見ながら話をすることもできます。
しかもmsnのメッセンジャーやskypeなどを使えば一切お金がかからないというのだからありがたいものです。
とは言え、やはりみんながみんなインターネットを使える環境にあるわけではないし、使える場所も当然限られてくるので、国際電話をかけなければいけないということもあるでしょう。
昔よりははるかに安くなったものの、やはり国際電話は高いもの。
確かに日本からかける場合は少し高いかもしれません、しかしアメリカからかける国際電話は実はかなり安いんです。

アメリカに初めて来る留学生の多くは某N社やK社などの国際電話サービスなんかに加入してきます。
またアメリカに旅行に来る場合も日本で国際電話用のプリペイドカードなんかを買ってくる人も多いことでしょう。
でもこれを読んでしまったらもうそんなものを使おうなんて思わないでしょう。

世界中から人が集まるアメリカではいたる所で国際電話用のプリペイドカードが売られています。
その種類の多さといったら相当なものです。
アメリカではphone card や calling card と呼ばれ、コンビニやガソリンスタンド、リキュールショップなどで売っています。
メジャーな電話会社や大手のマーケット(WAL○MARTやTAR○ET)などが出しているものは大して良くないので買わないでください。

カードは大抵$5と$10のものに分かれていますが、同じ値段でもカードによってかけられる分数が全く違います。
カードはそれぞれどこの国に強いのかというのが違っていて、たとえば中国へかける場合はかなり使えるけど、日本への場合は全然かけられないなんてこともあります。

それをどうやって調べるかということですが、calling cardを売っているお店には大抵レート表というものが張られています。
そのレート表には国名とそれぞれの国に何分間かけられるかというのがずらーっと並んでいます。
それを見てどれを買うのか決めるわけですが、日本への場合、$5で200~300分ぐらいかけられればまぁまぁいいほうでしょう。
今まで色々なカードを試してきましたが、実際にかけられる時間はレート表に書いてある分数よりも少し短くなります。
また携帯電話にかける場合は極端に短くなってしまいます。

ちなみに、今まで使ってみたカードの中で一番長くかけることができたのはこれです。
           calling card 表

日本まで$5でぴったり500分間(6時間20分)かけられます。
つまり1分当たり1セント(約1.2円)でかけられるわけです。
ちなみに某N社やK社のプリペイドカードを使った場合、1,000円で約30分、つまり1分当たり約33円の計算になります。
またこっちの日本食レストランや日本のマーケットなんかでもphone card を販売している所が結構ありますが、「格安プリペイドカードあります!!」なんて書いてあってせいぜい1分7~8セントといったレートです。
せめて1分当たり3~4セントぐらいのものを選びましょう。

では使い方を簡単に説明しておきます。
まず買ったら裏にあるスクラッチの部分をコインで削りましょう。
そこに書かれているのがそのカードのPINナンバー(暗証番号)になります。
そしてカードには↓のようにいくつかの電話番号がかかれています。
calling card 裏

最初の3桁がエリアコード(市外局番)となりますが、このなかから自分のいる場所のエリアコードを選び、そこに電話をかけます。
書かれている地域以外や州外のところからかける場合はフリーダイヤルにかければ大丈夫ですが、少しレートが高くなってしまいます(かけられる分数が短くなります)。

電話をかけるとまず英語かスペイン語かを聞かれるので英語を選びましょう(大抵の場合、英語が1でスペイン語が2です)。
そして"Enter your PIN Number"などと暗証番号を入れるように言われるので、自分のカードに書かれている暗証番号をダイヤルします。
すると"You have $○"というようにあと何ドル分残っているのかをアナウンスしてくれます。
そのあとにかけたい電話番号をダイヤルするように言われるのですが、国際電話はまず011をダイヤルします。
そして国番号(日本であれば81)を入れたあと、市外局番の0を抜いた番号からダイヤルします。
例えば東京であれば03の0を抜いて3、神奈川であれば45といった感じです。
ちなみに携帯電話にかける場合も同じで、最初の0を抜いた90や80から始めます。
つまり、03-○○○-××××という番号にかけたい場合、011-81-3-○○○-××××というようにダイヤルすればいいわけです。
自分のかけたい番号をダイヤルすると、何分間話ができますというアナウンスが流れたあと、日本独特のダイヤル音に変わります。
ちなみに日本とアメリカダイヤル音って違うんですよ。

かけられる分数はあくまでかけ続けた場合の時間であって、一度切ってしまうと、ガクンと減ってしまう場合もあります。
またこのカードは地域や州によって売られているものが違います。
先ほど書いたように、フリーダイヤルでもかけられますが、時間が短くなってしますので、カードは自分のかける地域で買いましょう。

こっちにいる人はみんな普通に使っているかと思いきや意外と知らない人が多いんですね。
未だに電話会社などのカードでかけている人は是非試してみてください☆

※ちなみにアメリカ国外からは使えません。
↓色んなブログをのぞいてみよう!!


[テーマ:カリフォルニアライフ | ジャンル:海外情報]

【2006/07/14 22:07】 | 生活情報 | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<Black-Out Dates | ホーム | ☆お買い物講座☆>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://calife.blog36.fc2.com/tb.php/184-658a8b08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| HOME |
プロフィール

しんご

Author:しんご
2002年に渡米し、コロラド→フロリダ→L.A.(カリフォルニア)とアメリカ国内を転々としながらも約9年間の留学生活を終え、2011年に日本へ帰国。

アメリカのDr.ライセンス(D.C.)を保有し、日本でもカイロプラクター及びグラストンテクニックのインストラクターとして飛び回っています。

横浜と東京を中心にカイロプラクティックの施術を行っています。
身体のことでお悩みの方は下のメールフォームから気軽にご連絡下さい。

美容天気にてコラムを連載中★

現在オーストラリア移住に向けて準備を進めています!

というわけで、アメリカでの留学生活は終わりましたが、引き続き『留学生活の実態』としてブログを続けていこうと思います。

気軽にコメント残していってください☆
留学相談や英語の勉強の相談なんかも大歓迎です!!

メール

メールはこちらから

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

掲示板

留学生活掲示板

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

みなさんのブログ

このブログをリンクに追加する

留学関連サイト

・成功する海外留学【e留学】
・e-留学ガイド
・オーストラリア DE ワーキングホリデー
・ワーキングホリデーでオーストラリア体験・旅行記
・英会話・英語学習ならエイゴッド.com

格安航空券&海外旅行

日本からの格安航空券やパッケージ旅行をお探しの方はこちらからどうぞ☆

・海外格安航空券「イーツアー」
・24時間オンライン予約「グローバルトラベルオンライン」
・海外航空券は「空丸」
・「タイリクトラベル」の格安航空券
・旅行に行くなら「JTB」
・夢とロマンと感動の旅「ジャパンネットワークツアー」
・海外レンタカーの「ダラーレンタカー」

参加ランキング

フリーエリア

Twitterボタン
 

最近のトラックバック

RSSフィード

12345678910 1112131415161718192021 22

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。